いい人止まり男性の特徴5選
#アナタノミカタ 

男友達からは「何でモテないか分からない」と言われ、職場でも「いい人!」と言われ、女友達が0でもないのに「彼女」だけはできない。

出会いはあって、デートもできるのに「友達としてしか見る事ができない」「いい人なんだけど…」と言われて2回目に続かない。

今回は、そんな悩みを抱えている男性に、『いい人止まり』の理由を5つ紹介します。

 

 

優しい

まず初めに、いい人止まり男性の特徴の1つ目は『優しい』事です。

『優しい』事は、人としては大変素晴らしいことです。

だから人として好かれるのでしょう。

ですが、「恋愛」を考えた時には、『優しい』嫌なことをしてこない相手=ドキドキしない=つまらないとなってしまいます。

「恋愛」にはトキメキが必要です。

異性として意識して初めて恋をするのです。

 

だから、多少は人の嫌がる事をしてでもドキドキさせる人になる必要があります。

特に女性はM気質の人が多いので、強引な男性の方が「リードしてくれる」「男らしくて頼りになる」と人気があります。

 

それと、『優しい』事が取り柄ですと言う男性は、他に魅力がありませんと言っているのと一緒です。

『優しい』だけなら誰でもできるんです。

その中で、異性として選んでもらう為には他の長所を持つ必要があるのです。

 

 

色気がない

次に、いい人止まり男性の特徴の2つ目は『色気がない』事です。

『優しい』ところでも伝えたように、「恋愛」には異性として意識してもらう事が大切です。

そうなると『色気がない』男性は致命的です。

『色気がない』という事は、友達以上になる必要がありません。

だからいい人止まりになってしまうのです。

 

では、どうしたら『色気』が出るのでしょう?

「筋肉」と「余裕」を身につける事をして行きましょう。

 

「筋肉」をつける事で締まった身体になり、自然と『色気』が出てきます。

また、精神的・金銭的「余裕」を身につけると、大人の『色気』が出てきます。

できる事から始めて行きましょう。

『色気』があるだけで、女性が勝手にドキドキしてくれます。

それだけで「いい人」から「恋愛対象」に変わって行くのです。

 

 

面白くない

そして、いい人止まり男性の特徴の3つ目は『面白くない』事です。

『面白くない』人は、一緒にいて楽しくないのはもちろんの事、1番ダメなポイントは「相手を楽しませようとする気持ちがない」ところです。

 

自分は面白い話しができないから、つまらない人間だから、と言い訳ばかりしていませんか?

相手に何かしてあげようと言う思いやりがないから深い関係になれないのです。

相手に一緒にいたいと思ってもらう必要があります。

その為に貴方は相手に何を提供できるでしょう?

 

他に提供できるものがある人なら『面白くない』人でも良いんです。

でも、面白い話しをする事は、経済力がなくても、外見が微妙でも、何も相手にあげる物がなくても、努力でどうにでもなるものです。

動画で研究したり、たくさんの人と関わる時間を増やしたり、色々な場所へ出かけてみたり、できる事はいくらでもあります。

 

その努力ができるかで「いい人止まり」かどうかが変わってきます。

女性からもっと会いたいと思ってもらえる自分になる事が「いい人」を抜け出すポイントなのです。

 

 

ダサい(幼い)

続いて、いい人止まり男性の特徴の4つ目は『ダサい(幼い)』事です。

見た目が『ダサい』人はもちろん恋愛対象外です。

中学生レベルの幼いセンスの持ち主は、一緒に隣を歩くのが恥ずかしくて嫌になります。

 

ごくまれに中学生も恋愛対象という女性がいるかもしれませんが、世の中の成人女性の大半は、中学生は対象外です。

きちんと年齢に合った服装を心がけましょう。

 

それと同時に、中身も大人になって行く必要があります。

デートプランも学生のノリではいけません。

きちんと年相応のデートでなければ返って失礼にあたります。

相手の女性に対して、学生と同レベルで充分な、その程度の女性だと伝えているようなものです。

 

『ダサい(幼い)』事は、モテないだけでなく、大人の対応ができない未熟な人だと思われてしまうのです。

未熟な男性が相手だと、色々とリードして行かなければいけなくなります。

友達のような関係なら問題はないのですが、男女の恋愛関係では、男らしくリードするという事がモテる要素となる為『ダサい(幼い)』事は大きなマイナス要素となるのです。

 

雑誌を読んで情報を仕入れたり、友達にアドバイスをもらったりして成長して行きましょう。

モテる男性はスマートな対応のできる努力をずっとしてきているのです。

結果は後から付いてきます。

魅力的な自分になれるかどうかは努力次第なんです。

 

 

堅苦しい

最後に、いい人止まりの男性の特徴の5つ目は『堅苦しい』事です。

知り合ってから、いつまでも敬語で話したり、事務的なやり取りだったりすると、そこに「恋愛感情」を持ち込む余地がありません。

それこそ、ただの真面目な「いい人」で終わってしまいます。

 

また『堅苦しい』という事は、相手にも気を遣わせているという事になります。

気を遣わなければいけない人だと、相手の女性は連絡するのも会うのも面倒になります。

 

その上、『堅苦しい』という事は、心を開いていないように思われてしまいます。

心を開いていない相手とは、恋バナや親密な話しはできません。

親密な話しができない相手とは「恋愛」はできません。

 

キャラクターにもよりますが、敬語ではなく、フランクな言葉遣いで「親近感」を抱かせるよう意識しましょう。

それだけで心の距離がグッと近づくことが実感できるでしょう。

 

 

まとめ

いい人止まり男性の特徴を5つ紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

心当たりがある人がほとんどだと思います。

実は「いい人止まり」で悩んでいる男性は、貴方だけではないんです。

だからこそ、少しの努力でモテる男性に変わる事ができるのです。

 

「いい人」と言えば聞こえは良いですが、ハッキリ言ってただの「知人」です。

ただの「知人」では何も始まりません。

今回紹介した5つの特徴を反面教師にして、「知人」から「恋人」になって行きましょう。

今すぐ変えて行く事で、人生が徐々に良い方向に進んで行くでしょう。

#アナタノミカタ