胸が躍っちゃうっ♪男性が言われたら喜ぶ「キュンワード」5選
#アナタノミカタ 

最近マンネリ気味だったり、彼が付き合い初めより冷たくなってきた気がしたりしていませんか?

また、イイ感じの男性がいるのに中々先に進めなかったり、結局数回のデートで終わってしまったりしていませんか?

そんなモヤモヤした悩みを抱える女性の為に、今回は男性との関係を良くしていく、彼からずっと愛される『男性が言われたら喜ぶ「キュンワード」5選』を紹介致します。

 

 

1.「会いたい」

男性が喜ぶ「キュンワード」の1つ目は、『会いたい』です。

忙しい男性とお付き合いをしていたり、デートしていたりすると、連絡もなるべく控えたり、デートも控えたりしている女性がけっこういます。

彼に悪いかもしれない、迷惑かけたくない、という相手のことを考え過ぎてしまう優しい女性です。

 

忙しい時に放っておいてくれる女性というのは本当に助かります。

ですが、男性はワガママなんです。

できるできないは別として『会いたい』の一言もないと、今度は時間ができても他の人と遊びに出かけてしまいます。

彼から言ってきてくれたら良いのにと思うのですが、男性はプライドが高くなかなか自分から伝えることができません。

 

そこで、女性から『会いたい』と言ってあげるんです。

2週間に1回ぐらい、負担にならない感じで伝えてみましょう。

そうすると、男性は喜んで時間を作ろうとします。

あまりに頻繁に誘いすぎるのはNGですが、彼の仕事の状況を考えてタイミング良く伝えてみましょう。

 

何がしたいのか、どうしたいのか、どんな気持ちでいるのか、分かりやすく表現してくれる女性は、一緒にいると楽しいです。

女性からの『会いたい』は男性をやる気にさせる魔法の言葉なんです。

 

 

2.「ダメ?」

次に、男性が喜ぶ「キュンワード」の2つ目は、『ダメ?』です。

このセリフを可愛くおねだりをする感じで伝えてみましょう。

「今日お泊まりしたいんだけど…ダメ?」「忙しい?電話したいんだけど…ダメかな?」etc

 

ここで大切なのは、男性がしたい事をお願いするというところです。

彼がやりたくても、カッコ悪いなとか、プライドがあって言えないと思っている事をおねだりするんです。

 

しかも、『ダメ?』という言葉には「できないよね?」と諦め半分の否定が入っています。

これがより男性の闘争心を煽るんです。

「それぐらいできるよ」「問題ないよ」と、できるカッコイイ男を見せることができるとプライドをくすぐられます。

 

女性相手にはあまり通用しない言葉ですが、プライドの塊である男性への効果は抜群なセリフです。

ただ単に「お泊まりしていい?」「電話していい?」と聞くよりも、一言つけ加えるだけで一気に男心に火をつけることになるでしょう。

 

 3.「好き」

続いて、男性が喜ぶ「キュンワード」の3つ目は、『好き』です。

男性は恥ずかしくて照れてなかなか言えない言葉の代表です。

だからこそ、女性から『好き』と言ってもらえると嬉しくなるんです。

 

彼女からはもちろん、少し気になる程度の女の子からでも『好き』だと言ってもらえると、可愛いなと思ってキュンキュンします。

「◯◯くんのそういうところ好き」と言うふんわりした感じで伝えても良いです。

 

言われた男性は1日中その言葉を思い出してニヤニヤしています。

つまり、1日中言ってくれた女の子のことを考えているんです。

 

『好き』という言葉は、貴方を丸ごと肯定していますよという意思表示です。

「分かってくれている」「理解してくれている」「認めてくれている」女性ということになります。

 

ここでの注意点は、会った時だけ伝えることです。

会っていない時のLINEや電話で伝える人がいますが、あまりオススメはしません。

会えない時でも『好き』というと、男性は「会えなくても良いんだ」「頑張らなくてもいっか」と行動しなくなります。

会えた時にだけ伝えることが肝心です。

会ったら『好き』と言ってくれる!そう思わせることで、よりたくさん会いたいと頑張ってもらえるようになるんです。

 

 

4.「もっと」

そして、男性が喜ぶ「キュンワード」の4つ目は、『もっと』です。

女の子の『もっと』は汎用性が高いです。

「もっと一緒にいたい」「もっと会いたい」「もっとギュッてしてほしい」…

どんどん使っていきましょう。

 

『もっと』というセリフには、「貴方が必要です」「貴方じゃないとダメです」というニュアンスが含まれます。

日本人は、特に自己肯定感の低い人が多いです。

そのため、「あなたがいないと困る」という内容を言われると嬉しくなってしまうんです。

 

求められているという事実だけで、男性の自信に繋がります。

彼に自信を与えてあげられる女性は、この子だけは手放したくないと思われる女性になるんです。

 

彼が無理をしない範囲で、男性のできるだろうと思われることの中で『もっと』を使っていきましょう。

ギリギリできないと、返って自信を失わせてしまうので見極めが大切です。

 

『もっと』を使いこなすことができれば、どんな男性が相手でも手のひらで転がしていけます。

男性をキュンキュンさせて、この子しかいない!と思わせていきましょう。

 

 

5.「キスして」

最後に、男性が喜ぶ「キュンワード」の5つ目は、『キスして』です。

とっても恥ずかしい一言かもしれません。

でも、言われた男性はめちゃくちゃ喜びます。

「可愛い!」しか考えられなくなります。

 

ここでポイントなのは、『キス』だということです。

それ以上の大人の関係を匂わせるのはNGです。

これが精一杯頑張って言ったセリフなんだと思ってもらいましょう。

男性の本能を刺激して、リードしたいという気持ちを呼び起こすんです。

 

同時に女性の恥ずかしい姿を見たいという男性の欲望を満たすことにもなります。

男性はSっ気のある人が多いので、女性が恥ずかしがっている仕草や言葉にキュンとする人がけっこういます。

 

小さな男の子が好きな女の子に意地悪する心理です。

幾つになってもそれは変わらないんです。

 

そしてその欲求を叶えてあげる言葉が『キスして』なんです。

恥ずかしくなくても、恥ずかしそうに言うのがポイントです。

彼に抱きついて「あのね…キスして?」と言ってみましょう。

これで落ちない男性は殆どいないでしょう。

 

 

まとめ

男性が言われたら喜ぶ「キュンワード」はけっこう恥ずかしいと思う女性がたくさんいます。

本当にもったいないです。

言うだけならタダです。

言うだけで男性が勝手に好きになってくれます。

言えるか言えないかで、恋愛の進み具合が格段に変わってきます。

 

言い過ぎないことだけ気をつけて、タイミングを見計らって使っていきましょう。

彼が夢中になって、不安とは無縁な愛される女性になること間違いないでしょう。

#アナタノミカタ